ブログ

2016-02-19 20:31:00

こんにちは中島です。

今日は少しお勉強をしたいと思います。

アクトでは月2回程講師の方に来ていただいて講習会をしているのですが、

その内容を少しだけ紹介します。

image.jpeg

↑これは僕のメモですが一応毛髪の図です。(ちょっと絵が実際とは違います)

構造を簡単に説明します。

まず一番真ん中にあるのはメデュラといって毛髪の芯になります。

次によく聞くキューティクルは透明な五枚の層になっていて

これが剥がれてくると表面がざらつき指通りが悪くなります。

キューティクル同士を繋いでいるのはCMCといってカラーとかパーマの薬剤の通り道になります。

これが壊れると枝毛の原因になります。

メデュラの周りにあるのはコルテックスといってCMCが運んできた薬剤が染み込みます

つまりコルテックスによってカラーやパーマがかかります。

ざっくり説明するとキューティクルの内側はストローがぎっしり並んでるイメージだと思って下さい。

個人的には植物の茎みたいな感じだと思いました。

よくいうキューティクルにツヤが出て枝毛を無くすといったトリートメントは厳密に言えば壊れたCMCを修復

しているということになります。

毛髪の構造は大体こんな感じです。最後まで読んでくださりありがとうございます。

アクトではお客様の疑問にこたえられるように日々頑張っているので

遠慮なく聞いちゃってください。こちらも勉強になってます。

以上、中島でした。